さぁ、育毛を始めよう!

薄毛や抜け毛が気に始めたのなら一番重要なのはその原因を突き止めることです。

何においても同じことが言えるのですが、原因があやふやな状態で対策や何かをこうじても、無駄な浪費になってしまうことがおおいです。薄毛や抜け毛にもいろいろと原因はあります。

多くの場合が生活習慣による機能低下ですが、それにもたくさんの原因が隠れています。 まず、原因を探るために気を付けてみることを紹介しましょう。

①頭皮とシャンプーについて

頭皮の環境はアナタも使っているシャンプーで保たれています。シャンプー(髪を洗う事)で頭皮の清潔感は保たれているのですが、これが自分の頭皮とマッチしていなければ、どんどん頭皮の状態を悪化させてしまい抜け毛や薄毛を進行させてしまいます。

②タバコ・喫煙

タバコによるニコチンは血管を収縮する作用があります。これはすなわち、血行を悪くしているということです。髪の毛の栄養は毛根からきています。そして、毛根への栄養は血液によって運ばれています。要するに頭皮の血流が悪くなれば毛根へ栄養が運べないので、どんどん薄毛と抜け毛が進行していくのです。

③お酒とアルコール

アルコールが全面的に頭皮に害があるわけではなりませんが、アルコールは体内の必要なたんぱく質を使って分解してています。要するに、体内のたんぱく質を飲めば飲むほど消費しているんです。上記で言った毛根への栄養素はタンパク質になるので、タンパク質がそもそも少なくなっていれば、血行が良くても栄養素そのものが少なくなっているので意味がないんです。

④規則正しい生活

これは生活習慣になります。自律神経が深く関係しているのですが、不規則な生活や偏った食生活、過度なストレスは自律神経を乱れされます。これによって男性ホルモンのバランスが崩れてしまうので、これが薄毛の原因や抜け毛の進行を強めてしまうのです。できるだけ、規則正しい生活習慣を送るようにしましょう。

これは誰にでもできることなので、何となく気軽に気を付けてみたりしてみてください。 それだけでも効果がある人がいるので!!

しかし、これだけで薄毛や抜け毛が改善されると思わないでください。 これは最低限の下準備だと思って心がけてくださいね!!

ハゲの種類と育毛剤の選び方

薄毛やハゲ・抜け毛と一言で言っても症状は様々。大まかに3つのタイプに分けることが出来ます。

  1. 血行促進タイプ
  2. 細胞活性化タイプ
  3. 男性ホルモン抑制タイプ

の3つです!こう言われてもピンとこないと思いますので一つずつ見ていきましょう。

「血行促進タイプ」

このタイプは抜け毛が気になりだした方や後頭部の薄毛に悩まされている方が当てはまりやすいです。頭皮の血行を良くし栄養補給を行い、髪の成長を促してくれる土台を作り出す基本的なタイプ。 このような場合はミノキシジル・フロジン等の成分が効果的。 簡単に言えば頭皮の栄養不足が原因。

「細胞活性化タイプ」

この場合は前頭部の薄毛や髪が細くなってきた!と言う方が該当しそうです。 栄養素を取り入れ、毛母細胞に直接働きかけ、活性化を行う即効性のあるタイプ。 比較的新しいタイプで、栄養のある太くいきのいい髪を育てる目的があります。 ペンタデカン酸やグリセリドといった成分が効果的なようです。

「男性ホルモン抑制タイプ」

生え際や後頭部の薄げに悩まされている方がこれ。 発毛を邪魔する男性ホルモン(ジヒドロテストステロンDHT)を抑制することで改善するタイプ。 フィナステリド・ノコギリヤシ・オウゴンエキスが有効的な成分です。

と言うように薄げ、ハゲにも種類があるのでそれを踏まえてそれに見合った育毛剤の購入をお勧めします。 自分はどのタイプなのか、何が原因なのかをしっかり理解しましょう。

育毛剤と頭皮環境の深い関係

私たち人間は様々な栄養素で骨や皮膚などが生成されています。これは毛髪も同じことが言えます。毛髪に必要な栄養素が十分に補給されていなければ、どれだけいい育毛剤を使ってもその効果は薄れてしまうでしょう。また、頭皮環境が悪い状態だと抜け毛も増えてきてしまいます。

内側と外側の両方からのケアが重要になってきます育毛剤でのケアは商品を購入すれば誰もが手軽にできる方法です。しかし内側からのケアに必要な栄養素を補うためには自ら摂取していかなければいけません育毛に必要な栄養素とはいったいどのような成分なのか、代表的な栄養素を紹介します

ビタミンは私たちの身体を作る上で欠かすことのできない栄養成分です。とくに髪や頭皮を正常に保たたせるためにはビタミン類が必要不可欠髪だけでなくあらゆる細胞の生成に必要不可欠なビタミン類は、魚介類やわかめ・バター・チーズ・レバーなどに多く含まれています

ミネラルというと亜鉛や銅などですね。これらは毛根を刺激して活性化したり、食事から摂取したタンパク質を髪へと形成する働きをサポートします。

ミネラルが不足すると抜け毛の原因になるので、主に蟹や海老などの甲殻類にたくさん含まれており、その他にも納豆やナッツ類・鶏卵などからも摂ることができます。しかし亜鉛は摂りすぎると他のミネラル分を不足させてしまう場合があるため

まずは髪の毛の構造を知ろう!

髪や皮膚はいわばタンパク質でできており、ほとんどがアミノ酸でできています。そのためアミノ酸が不足してしまうと髪の生成に支障が生じ、不健康状態となってしまいます。

これが薄毛や抜け毛に繋がるので、そうならないためにもアミノ酸を摂取しなければなりません。必須アミノ酸は主に緑黄色野菜や鶏卵・乳製品・お肉やマメなどのタンパク質などに多く含まれています20種類のアミノ酸で構成されています。

その内、9種類は体内で合成することが出来ない「必須アミノ酸」と呼ばれているものです。これらは、人間が食事で摂らない限り体内に補充できま

最近の食事情は、インスタント食品やレトルト食品、ファーストフードを多く摂るようになり、特にビタミンが不足している傾向にあるようで、若年層の薄毛の増加にも影響しているのではと言われています

育毛、発毛に真剣に取り組むならば、栄養源にあたる食事のことを、もっとよく理解しておく必要があろうかと思います

DHT(ジヒドロテストロン)という タンパク質は髪の毛の成長をじゃまするのに体毛の成長は促進します。?もし、ヒゲや体毛が濃くなってきたのに髪の毛が薄くなってきたら、?DHTがた くさん作り出されていると考えた方が良いかも知れません。このDHTを抑え込むものとしてハーブの一種のノコギリヤシがありますノコギリヤシを摂っておくことは脱毛予防、成長促進に有利になります。

ページの先頭へ